24億5千万Hzのマイクロウェーブを照射することにより、脂肪層、筋肉層のアミノ酸分子の共振作用を起こさせ、摩擦熱により自分の身体の中から発熱。温熱・遠赤よりも深部が加温し、血流・リンパの流れが良くなります。

閉じる